アップシステム-RecePro 保険請求の新時代を担う次世代型レセコン-

ホーム » ReceProのご紹介 » RecePro(M-up) 柔道整復師向けレセコン » 製品概要-RecePro(M-up)

柔道整復師向けレセプト発行管理システム RecePro(M-up) - 保険請求シリーズ




統合されたメニューで日次月次作業をサポート

どの画面に移動してもメニューは常に表示されているので操作に迷う心配はありません。

統合されたメニューで日次月次作業をサポート

表示する情報を制御したオペレータ権限を搭載

施術料金情報や統計一覧、月別来院患者など、院の経営に関する数値情報を非表示にすることが可能。


表示する情報を制御したオペレータ権限を搭載
※別途セキュリティキーの購入と追加オプション契約(有料)が必要です。

自動バージョンアップ

保険者の名称変更など、面倒な保険者情報はすべてサーバ側で更新。治療院側での保険者の登録や修正作業は一切不要です。また、プログラムのバージョンアップもすべて自動。定期的に実施されるバージョンアップは、サーバ側でおこないますので、治療院側で面倒なバージョンアップ作業は一切不要です。

いつでもどこでも利用可能

インターネットに接続できる環境であればいつでも利用が可能。治療院のパソコンでの入力はもちろん、事務所やご自宅でも作業が可能です。

生年月日入力で資格自動チェック

生年月日入力で資格自動チェック


保険証入力画面では、生年月日から資格を自動チェックします。確認のメッセージが表示されるのでミスを防ぎ、返戻を防止します。

万全なレセプトチェック機能

レセプト発行前に不備がないか最終チェックが可能。入力忘れ、入力ミスを徹底的にチェックします。修正の場合の施術画面・保険証画面への移動もスムーズです。

自賠責任意料金設定

自賠責・労災処理機能ももちろん搭載。自賠責処理では、任意の料金設定も簡単に登録し請求することができます。

保険証履歴管理

保険証が変更されていたためレセプトが返戻となった場合、簡単操作で再提出が可能。RecePro(M-up)では受診者ごとの保険証履歴をすべて保持し、保険証の枝番号をふって管理しています。過去の施術を再提出する場合も、保険証の上書きはしません。正しい期間の保険証を入力するだけで、有効期間に一致したレセプトを発行することができます。

施術入力はマウスを使った簡単操作

負傷部位入力は項目をクリックするだけで入力が可能。
負傷日/初検日/施術内容などすべての情報をおこないます。

カレンダーをワンクリックで施術料金も自動計算

来院日入力もカレンダーをクリックするだけで入力が可能。
転帰の入力も簡単におこなえ、もちろん、施術料金の詳細も自動的に計算、登録されます。

長期理由入力補助メッセージ

長期理由が必要なものに関しては、施術の登録時にメッセージでお知らせ。
返戻対象となる「長期理由記述漏れ」を防ぎます。

近接部位入力チェックメッセージ

近接と思われる組み合せで負傷部位を入力すると、警告メッセージでお知らせ。
これも返戻対象となることを防止する機能の中のひとつです。

RecePro必須システム環境

−Webブラウザ−

Microsoft Intrenet Explorer Ver9以上

−インターネット環境−

光回線・ADSLなどのブロードバンド環境(有線・光回線推奨)

−プリンタ−〔推奨〕※1

CANON LBP6200(モノクロレーザープリンタ)
CANON LBP6230(モノクロレーザープリンタ)
CANON LBP7010C(カラーレーザープリンタ)

−パソコン−
【OS】※2
  ・Microsoft Windows10
  ・Microsoft Windows8.1
  ・Microsoft Windows8
  ・Microsoft Windows7
  ・Microsoft Windows Vista
【CPU】
  1GHz以上
【メモリ】
  2GB以上
【ハードディスク】
  インストールには1GB以上の空き容量が必要です。
   ※動作には少なくとも5GB以上の空き容量が必要です。
【ディスプレイ】※3
  カラー/1024×768ドット以上必須

 ※1 推奨以外のプリンタにつきましてサポート対象外となります。

 ※2 Windows RT ではご使用できません。

 ※3 小型PC(モバイルノートなど)は1024×768ドットを満たしていないものがありますので、ご注意下さい。

 ご注意  Apple社のパソコン、iPad、スマートフォン、タブレット端末上では利用できません。

 ※ 上記のシステム環境以外はサポート対象外となります。

このページの上へ